不貞行為 | 離婚相談はその案件に強い弁護士へ依頼しよう
法律のことなら、専門の弁護士におまかせ!

不貞行為

六法全書

離婚相談で最も多い内容に浮気、つまりは不貞行為による離婚の相談があります。不貞行為とは、結婚しているにも関わらず、本人の医師で配偶者以外の人間と関係を持つことを指しています。どのような事情があっても不貞行為をした場合は法的に負けとなります。
しかし、条件や事情などによっては例外になることもあります。
特に夫婦関係が破綻しているわけでもないのに不貞行為を働いた場合には、これを理由にして離婚の請求をされることになります。当然慰謝料を支払う立場になりますから、言い逃れはできません。また、これは夫婦間ではなくとも婚約関係にある男女のどちらかにも適応されますから、結婚する前に遊んだからセーフというものも通用しません。婚約者という位置づけになれば法的にも夫婦と同様の状態になっています。
当然ですが、不貞行為をした配偶者ではない相手方にも慰謝料の請求が可能となります。場合によっては離婚せず再構築することになったとしても、浮気相手には慰謝料が請求できますから不貞行為をするのは非常にリスクが高い行為以外の何者でもありません。
不貞行為で正式に離婚をしたい場合には、必ず離婚相談で有効になるだけの証拠が必要になってしまいます。証拠がしっかりと揃っていなかった場合には、そのまま言い逃れされてしまう可能性もあります。素人の場合には頭に血が登って大した証拠もないのに相手に詰め寄ったり、配偶者を問い詰めたりしてしまうがちですが、そうすると相手が雲隠れしたり証拠を隠滅する可能性があり非常に面倒なことになります。
ですから、不貞行為があるかもしれないと不安感を覚えた時点で弁護士がいる離婚相談を利用して欲しいのです。相談だけでもすれば今後どう動けばよいのか、何が証拠になるのか具体的なアドバイスが貰えるようになりますし、自分で動けない場合には興信所などを利用して証拠を集めることも可能です。
絶対に離婚したい、相手に制裁がしたいという意思があるのであれば、離婚相談を利用して確実に1歩1歩進むことを意識して下さい。
最近では市役所などでも離婚相談が出来るよう弁護士を在中させてくれている場合もありますから、お金がない場合でも安心して離婚相談を利用することができます。