子供のこと | 離婚相談はその案件に強い弁護士へ依頼しよう
法律のことなら、専門の弁護士におまかせ!

子供のこと

相談する男女

離婚相談で揉める、または長引く問題の1つに子供の問題があります。まずは親権の問題ですが、これだけ法律が整備された今でも、親権は女性に有利になることが多いです。しかし、状況によっては母親だからといって必ず親権を取れるわけではありません。
裁判官も人間ですし、調停員も人間ですから正しい証拠を揃えて親権を話す場に挑まなければ、父親側が問答無用で不利になってしまうこともあります。逆に父親側が何か手を打っていれば、母親として問題ない対応をしているのに親権を取られてしまうこともあります。
必ず親権を取りたい場合には、離婚相談を利用して弁護士へ相談して下さい。特にこの問題は離婚相談をする弁護士の手腕に影響されることが多いため、絶対に妥協しないで信頼できる弁護士を探して下さい。
親権を得るためには様々な条件が必要となっており、まず1番に子供に対する愛情です。男性の場合は育児実績がない場合は中々厳しいこともあります。次に収入があるかどうか、そして親権を持っている人間にもしものことがあった場合に変わりをしてくれる人がいるかどうかです。だいたいが親兄弟を対象としていますが、あまりにも遠方に住んでいる、関係が切れているということが判明した場合にはあまり良い材料にはなりません。次に子供を育てられる環境にあるか、学校に通える環境なのか、子供本人が親へついていくことを嫌がっていないかなどがあります。
兄弟や双子だった場合、子供同士を引き離すことが問題になることもありますから、親権の問題は本当に親同士よく考える必要があります。
また、離婚相談の場面でも中々一筋縄ではいかない問題となっていますから、気軽に決めないように、そして勢いや相手への圧迫行為などの目的で感情のまま動かないようにして下さい。
離婚相談を行って親権を取れたとしても、その後の行動や子供の状態によっては親権を剥奪されることもあります。